本文へスキップ

買取情報サイト



・金券買取の方法と流れについて(Tさんの情報)

私が利用する買取といえば金券の買取が1番多いです。金券の買取はまず金券ショップに持ち込むことが1番オーソドックスな買取方法ですが、それ以外でも最近では金券を金券ショップに郵送して買取の手続きを済ませることができるという方法の金券ショップも多いです。その場合、金券ショップに金券の種類や額面などを事前にインターネットで知らせておいて、査定額を事前に聞いておきます。そして、その上で買取了承ということであれば金券ショップに送るという流れになります。良心的な金券ショップの場合は送料着払いというお店もあるので少しでも買取のロスを少なくしたい場合はそういったお店を利用する方が良いです。また、金券の買取については中古品や貴金属の査定とは異なり、一般的に額面に対して何%かというのが買取の基準になります。額面というのは金券の額で実際に使用する場合、お金として利用できる金額のことを言います。金券の場合は金券ショップによって額面に対する買取割合が違います。また、同系店舗であっても地域によって買取割合が変わるということもあります。せっかく買い取ってもらうのですから1円でも高く買い取ってくれる店舗を探すことは当然だと思います。その際はインターネットで額面に対する買取割合を掲載しているサイトもありますので事前に複数の店舗を調査してから買取をしてもらう店舗を決めた方が良いです。近場で金券ショップが無かったり、近場に金券ショップがあっても買取割合が安い場合は郵送対応で買取をしている店舗の方が高く買い取ってもらえる場合も少なくありません。

・たくさんの衣料を買取り(Oさんの情報)


自分の部屋を妹に明け渡すことになって、昔来ていた服などを整理していたのですが、まずは、要るものと捨てるもの、そして買取りに出すものとに分けていきました。
あまりにも着古して、くたくたになっているものは、売れないので、よけていきます。その基準としてわかりやすいのは、首のまわりのようすです。この部分がくたくたなものは、もう処分すると決めたほうがよいです。
もうずいぶん来ていないし、すてるにはもったいないものは、買取に出すものとして選別していきます。捨てるにはおしいけれど、もう手元からいなくなっても惜しくはなければ、どんどん売っていけばよいと思います。少量でもお金になるので、あまり損な感じはしません。
そして、どうしても手放したくない物や、お気に入りのものは、見ただけで自分自身でわかりますから、そういったものはこれからも大事に自分で着て行こうと思います。
このように、一目見て、だいたい選別ができてしまいます。いわゆる、その洋服にときめくか、ときめかないかで判断をして、ときめかないものについては、そのいたみ具合について客観的に判断すれば、かなり短時間で仕分けも可能です。
買取に出すときめたものに関しては、まとめてリサイクルショップに持っていきました。着古しているとまではいかないまでも、やはり新品同様ではない洋服ばかりだったので、あまり期待していなかったのですが、それでも持って行ってよかったです。思っていたよりはお金になったのでおどろきでした。

ナビゲーション